カテゴリー「アゲハ観察日記」の5件の記事

2008年11月11日 (火)

アゲハの羽化2

ケースの側面でさなぎになった幼虫も、10日間で羽化間近の状態になりました。

Diary593

今回は、羽化の瞬間を見逃さないようにと待ちかまえていたのですが、そういう時に限ってなかなか出てこないもの。
午前11時頃になって、ようやく姿をあらわしました。

Diary594Diary595Diary596

しわしわだった羽も30分程できれいな状態に。
最初に羽化したアゲハより一回り大きく立派な姿、もしかしたら雌なのかも?

Diary597Diary598

ゆっくりと動かしながら、羽の状態を確かめている様子。

Diary599_3Diary600

2時間程すると、意を決したようにカーテンを上りだしたので、飛ぶ準備が整ったようです。
窓を開けると写真を撮る間もなく、あっという間に羽ばたいて飛んでいきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年11月10日 (月)

アゲハの羽化

さなぎは5日程経つと少し黒ずんだ緑色に。

そして10日目には 徐々にさなぎの表皮が薄くなるのでしょうか、透明感がでてきて中の様子がはっきりと分かるようになりました。

Diary589

この写真を撮って間もなく羽化したようです。
気がついた時にはもうアゲハチョウの姿になっていました。

Diary590_2Diary591
さなぎの殻の底に少し液体が。最後に出した排泄物?

とにかく体を軽くしないと。

Diary592

羽化の後、2時間程すると元気そうに飛び立っていきました。

鳥の巣立ちもそうですが、ちょっと感動的な瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 9日 (日)

3匹3様

大きさがほとんど同じだったもう1匹の幼虫。
翌日から場所探しを始めたので、今回は竹串を中に入れてみることに。

しばらくすると、1匹目と同じ所でさなぎの前段階の姿勢になりだし、何故???
そのうちに気が変わったのか、また移動しだしたのですが、なかなか決まらず焦っている様子。
さんざん迷った末、準備していた竹串に決めたようです。

Diary585Diary587Diary588
一週間程後に3匹目が決めた場所は、観察に使っていた容器の側面になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 3日 (月)

幼虫から蛹に

幼虫は脱皮をすると一回り大きくなります。

4回目の脱皮で、おなじみのアゲハの幼虫の姿になるそうです。
ただ、脱皮しているところは見たことがないですね。
夜中に脱皮することが多いのかも。

脱いだ皮も食べてしまうので、いつの間に?という感じです。

Diary580_2Diary581

しばらくすると、一匹の幼虫の動きが忙しなくなってきました。
そろそろ蛹になるのかもしれません。

場所が決まると蛹の前段階の体勢に。
ここでもう一度,夜中に脱皮をして蛹の形になったようです。

Diary582Diary583Diary584

翌朝、最後に脱いだ皮が下に落ちていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 1日 (土)

アゲハになるのは大変

庭にアゲハチョウが卵を産みにやってきます。
産みつける場所は、いつもルーという植物の葉に。

幼虫の期間、ある程度までは大きくなるのですが、いつの間にか姿が見えなくなってしまいます。
鳥に見つかってしまうのかな。

無事に蛹(さなぎ)まで育ってもまだ安心は出来ず、先日も家の壁に見つけた蛹が翌日には無くなっていました。

Diary573Diary574

という訳で、アゲハになるまで室内で育ててみる事にしました。

Diary575_2
それにしても、ホントに鳥のフンみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|